ジマトラ 20mg |ジェネリック・レビトラ

ジマトラ20mg
ジマトラ20mg | バルデナフィル20mg | ジマー・ファーマ

価格・詳細はコチラ
info

 

ジマトラの効果・効能・効用について

ジマトラはジマー・ファーマ社が製造販売している、レビトラのジェネリック薬です。価格も安くなっていて、初めてジェネリックを試す方にも安心です。UKメーカー・日本語説明書付属で信頼性の高い商品です。陰茎の勃起を止める酵素PDE5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)を阻害します。この作用から、PDE5阻害薬と呼ばれています。満足な性行為を行うに十分な勃起とその維持が出来ないかたに効果があります。バイアグラには食事の影響を非常に受けやすいという欠点があり、服用の際は食事と性行為のタイミングを考えなければなりませんでした。バリフの成分バルデナフィルは、バイアグラと比較して、食事の影響を受けにくく、一定の制限内の標準的な食事であればほとんど影響がありません。また、成分バルデナフィルは
水に溶けやすい性質を持っていることから即効性が高く、服用から20分程度で効果が現れ、最高血中濃度に達するまでに40分~50分程度であるとされています。

ジマトラの飲み方について

通常、1/4錠から1錠を(5mg~20mg)を性行為の約1時間前に服用します。正規品のレビトラには5mg、10mg、20mgの3種類があります。このうち、5mg(1/4錠)は効果が低いことから取り扱われていないことが多く、10mg(1/2錠)と20mg(1錠)のどちらかを服用することがほとんどです。基本的に10mg(1/2錠)で効果がでている場合は20mg(1錠)を服用する必要はありません。たしかに20mg(1錠)のほうが高い効果を得られますが、10mg(1/2錠)で効果がでている場合には20mg(1錠)を服用してもそれほど大きな変化はありません。それどころか、20mg(1錠)で身体が慣れてしまうと10mg(1/2錠)では効果が感じられなくなってしまったり、強い副作用が出てしまったりといった可能性があるため、できるだけ含有量の小さいものから試していくようにしましょう。また、食後の服用でも効果は現れますが、飲み過ぎ食べ過ぎにより効きにくくなる場合があります。空腹時に服用することをお勧めします。

ジマトラの副作用

レビトラの効果が現れると同時に多くの方が「顔のほてり」を感じます。これは血管を広げる作用によるものであり効果の現れた証拠でもあります。 その他に「頭痛」「動悸」「鼻づまり」「不快感」や光に過敏になり色が変化して見えたりする「視覚異常」などがありますが、4~6時間で症状が収まるようであればあまり気にする必要はありません。どうしても気になる症状がでるとき、他の副作用または異常を感じたときには服用を中止し、必ず医師にご相談ください。
 
全国送料無料


売れ筋ランキング お探しのカテゴリー別ランキング検索可能!


 

Top