バリフ 20mg |ジェネリック・レビトラ

バリフ20mg
バリフ20mg | バルデナフィル20mg | アジャンタファーマ

価格・詳細はコチラ
info

 

バリフの効果・効能・効用について

バリフ20mgはED治療薬で、レビトラのジェネリック医薬品です。カマグラで有名なインドの製薬会社アジャンタファーマ社が製造・販売を行っています。レビトラと同一の成分のため同じ効果が期待できます。成分であるバルデナフィルが勃起を抑制する物質の働きを弱め、勃起を維持します。また、分子構造がバイアグラの成分であるクエン酸シルデナフィルと異なるため、独自の使用感があると評判です。バイアグラと比較して、体内への吸収が早く即効性(服用後およそ15分)があり、持続時間も5時間~10時間程度と長く、比較的食事による影響を受けにくいED治療薬です。また、バイアグラで効果が出なかった方や糖尿病、前立腺ガンの治療後の方でも効果が見られるという発表がされています。

バリフの飲み方について

通常1日1回、性行為をする1時間前に10mg(1/2錠)を服用します。それでは十分な効果を得られない患者に対し20mg(1錠)まで増量することができます。高齢者(65歳以上)、中等度の肝障害のある患者に対しては、成分バルデナフィルの血中濃度が上昇する事が認められているので5mg(1/4錠)から開始し最高量は10mg(1/2錠)とします。1日の投与は1回とし服用間隔は24時間以上とします。バリフには即効性が認めらていますので、性行為を行う30分前くらいに飲んでおけば、理論上は問題がないといえます。しかし、効果を発揮するまでの時間や最高血中濃度に達するまでの時間には個人差があります。そのため、確実に効果を得るためには性行為を行う1時間程度前に服用しておくと良いでしょう。さらに、食事の影響を受けにくい成分だとされていますが、まったく影響を受けないというわけではありません。最大の効果を得るためには、やはり空腹時に服用するのが最適であるといえます。食後に服用しなければいけない場合は、あっさりとしたメニューを選んでください。

バリフの副作用

レビトラの副作用として確認されているものとしては、顔のほてり、目の充血、頭痛、動機、鼻づまりなどがあります。特に顔のほてりや目の充血は現れやすい副作用で、多くの服用者が体験しています。こうした軽度の副作用は、レビトラの血管拡張作用によって引き起こされています。副作用というと心配になることも多いものですが、これらは人体に大きな影響を与えるものではなく、薬が効いてきた証拠だと気にしていない服用者がほとんどです。頭痛が気になることもありますが、市販の頭痛薬を併用しても問題はないとされています。
 
全国送料無料


売れ筋ランキング お探しのカテゴリー別ランキング検索可能!


 

Top