パキシルジェネリック

ペグセップ
ペクセップ20・30mg | パロキセチン20・30mg | インタスファーマ

価格・詳細はコチラ
info

 

ペクセップの効果・効能・効用について

ペクセップは、パキシルと成分パロキセチンを同じとするジェネリック医薬品です。副作用を抑えた第3世代のSSRI抗うつ剤です。日本ではパキシルの名で発売されている成分パロキセチンですうつ病・うつ状態、パニック障害、強迫性障害などが適用されて、様々な精神疾患の治療において用いられています。また、日本では認められていませんが、海外では、社会不安障害(SAD)や全般性不安障害(GAD)、さらに心的外傷後ストレス障害(PTSD)、早漏治療などにも効果的であるとして用いられています。プロザック(成分:フルオキセチン)より強力といわれています。

ペクセップの飲み方について

通常、10~20mgから服用を開始し、1~2週間ごとに5~10mgずつ徐々に増量します。
なお、減量の際も徐々に行います。

うつ病・うつ状態に対しては1日1回、20~40mgを夕食後に服用。
パニック障害に対しては1日1回、30mgを毎夕食後に服用します。
強迫性障害に対しては1日1回、40~50mgを毎夕食後に服用します。
どの場合にも、原則として1週ごとに10mg/日の増量が可能です。

ペクセップの副作用について

成分パロキセチン製品は、服用開始の半月は、副作用が強くでるといわれており、少ない用量からの服用が推奨されています。(副作用の発現には個人差があり、数日~1ヶ月とさまざまです。)重大な副作用として、セロトニン症候群、悪性症候群、錯乱・幻覚・せん妄・痙攣、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、肝機能障害などが1%未満ですが確認されています。異常が見られた場合には、服用を中止して、医師等にご相談ください。その他、眠気、吐き気、食欲不振などが、服用開始後に続く場合がありますが、しばらくすると軽くなる傾向があります。副作用が見られた場合には、医師等に相談して服用量を調節するようにしてください。

 
全国送料無料


売れ筋ランキング お探しのカテゴリー別ランキング検索可能!


 

Top