デパス

depas
デパス1mg | エチゾラム1mg | Mitsubishi Tanabe Pharma

info

 

2016年10月をもって、デパス(エチゾラム系)は「向精神薬指定」をうけ、個人輸入ができないお薬に分類されました。類似した適応症をもち、依存性が低く、副作用リスクの小さな薬剤で、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬に分類の「バスピン」の服用を推奨します。ぜひご検討ください。

 

デパスの効果・効能・効用について

デパスは、有効成分がエチゾラムの抗うつ剤・睡眠導入剤です。チエノジアゼピン系の心身をリラックスさせてくれる緩和精神安定剤です。 薬に対する耐性や依存が少なく、安全性が高いのが特徴です。また、睡眠誘導剤として処方されることもあります。有効成分エチゾラムが中枢神経の信号の流れを抑制し、不安や興奮、またそれによる不眠などを抑制します。不安、緊張、抑うつ、睡眠障害、肩こり、腰痛などに効果があります。

デパスの飲み方について

年齢・症状によって、適宜増減が必要となります。服用に関しては医師・薬剤師等の指示に従って下さい。
通常、神経症、うつ病の場合は、1日3mgを3回に分けて服用。心身症、頸椎症、腰痛症、筋腫性頭痛の場合は、1日1.5mgを3回に分けて服用。睡眠障害の場合は、1日1~3mgを就寝前に1回服用。

デパスの副作用について

眠気、ふらつき、めまい、歩行失調、頭痛、吐き気、口の渇き、視覚障害、発疹など。

全国送料無料


売れ筋ランキング お探しのカテゴリー別ランキング検索可能!


 

Top